※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

現金化には落とし穴、危険が潜む?クレジットカードでの現金化で気を付ける事とは

現金化がバレると利用停止になる恐れがある、クレジットカードの使い方

現金化を行う場合、換金率の高い商品などを購入し、買取業者に委託することで即日現金を手に入れることができます。
近年、ブランド品や、換金率の高いプリペイドカードやゲームを現金化に利用することによって、より多くの現金を手に入れることができます。
そういった商品を購入する際、一般的に現金で購入してもいいのですが、今すぐに現金が欲しいけれど現金に余裕もない、という方は、クレジットカードの利用がおススメです

しかし、クレジットカードを利用することで、万が一の可能性では、カードの利用を制限されることがあります。
クレジットカードの利用の方法は個人の自由ですが、規約で禁止されていて、それを行うことで不利になってしまう行為が、現金化なのです。

限りなくグレーゾーンに位置する行為なので、バレた場合はカードの利用を制限されるか、最悪の場合強制解約の恐れもあります
そのため、クレジットカードを利用しての現金化を行う場合は、購入する物を大量に購入したり、現金化を行うにあたり換金率の高いものばかリを購入したりしていると、目を付けられてしまうので注意しましょう。

利用上限をしっかりと確認する事が大切

クレジットカードを利用して現金化を行うと、稀に利用を制限されてしまうことがあります。
では、どうやったらそれがクレジットカード会社にバレるのでしょうか?

それは、クレジットカード会社のシステムにあります。
クレジットカード会社では、そういった現金化や不正に取り扱っている人がいないか、常にチェックを行っています

カードで決済が完了すると、与信などを含めてチェックが入ります。
間髪を入れずに同じ商品が購入されたり、換金率が高いといわれるものが大量に購入されたりした形跡が発見されると、現金化の危険性がある、という可能性を見出され、会社に連絡がいくようになっています。

また、クレジットカードのショッピング枠の限度額も逐一チェックされています。
そのため、限度額がギリギリの方は、現金化の可能性もあるかもしれない、ということで監視が強まっている可能性があります

通常であれば、買い物をしたんだな、ということでカードの決済が承認されることでも、限度額がギリギリの状態だと、カードの承認がされないこともあるので、利用する際は注意しましょう。 1度目を付けられると、その後の利用が制限されることなど、日常生活に支障が出てしまうレベルでカードが使えなくなってしまいます。そうなると困るのは自分です。
そうならないよう、限度額を見ながらしっかりと管理し、現金化を行いましょう。

クレジットカードを安全に使うために必要な事

クレジットカードを利用して現金化を行うという行為は、グレーゾーンに位置する行為です。
必ずしも禁止されているわけではありませんが、行うことでカードの利用が制限されてしまう可能性もあります
利用停止になって困らないためには、以下の事を気を付けておく必要があります。

まずは、先ほどもご紹介したように、限度額をしっかりとチェックしておく必要があるということです。
限度額がギリギリだと、目を付けられる可能性が増えます。

現金化を何度も繰り返してしまう原因にもなってしまいますので、自分のカードを利用するとしても、負担が増え続けていきます。
一時の利用なら、現金化だと認識されることは少ないです。
そのため、利用する際は頻繁に利用しない事、カードの限度額に余裕があることをしっかりと確認した上で、行うようにしましょう

2つ目は、購入する際に何を購入するのか、ということです。
現金化は、換金率の高いものを購入する必要があります。
そのため、換金率が高いものを大量に購入することで、より多くの現金を手に入れたいと考える人もいるはずです。

しかし、その考えは逆効果です。
大量に購入するほど、カード会社に目を付けられてしまいます。
大量に購入しない方法を考えつつ、現金化を行いましょう。

まとめ

現金化を行う際、クレジットカードはとても役に立ってくれます。
しかしその一方で、一歩間違えるとカードの利用を制限されてしまう可能性があります。

カードを利用する際、カード会社のシステムが現金化を行っているのでは?
という疑いを持たない使用を行わなければなりません。
今回は、その方法をいくつかご紹介しました。

カードを危険にさらすことなく、安全に使用することができる方法もあります。
安全に利用して、現金化を行ってみてくださいね。

新着記事一覧

アーカイブ