※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

買取方式とキャッシュバック方式、お勧めはどっち?

買取方式は高換金率もリスクが伴う

買取方式は、名称の通り現金化業者が、何かを買い取ってくれることによって現金化する方式です。
何でも買い取ってくれるわけではなく、街でよく見かける店舗型の現金化業者にて現金化を申し込み、その後業者が指定した商品を購入してきて、それを店舗にて買い取ってもらうことで現金化します
指定する商品は主に下記になります。

・金券
・商品券
・新幹線の回数券
など

いずれも高い換金率を期待できるものばかりです。
ここが買取方式の優れたところで、可能な限り多くの現金を手に入れることができるのです。
そして店舗型が多いので、直接疑問を尋ねることができますので、騙されることがありません。

ここまでで買取方式はメリットばかりだと考えてしまいますが、決してそうではありません。
大きな欠点として、クレジットカードのショッピング枠の現金化が、クレジットカード会社にバレやすい点が挙げられます。
現金化業者が指定する商品は高い換金率のため、クレジットカード会社に現金化しやすいものとしてマークされています。
一度に大量購入された履歴があると調査され、現金化を行ったと認定されれば、利用規約違反となり、クレジットカードの利用停止となることもあります

利用停止ほどの欠点ではありませんが、買取方式は店舗でやり取りを行うことがほとんどのため、店舗を訪れなければなりません。
市の中心部などにお住まいであれば近くにあるかもしれませんが、地方などでは近くにないということがあるでしょう。
近くにないとなると行かなければなりませんが、そこまでの往復の交通費を考えると割に合わない可能性があります。

以上から、買取方式は高い換金率は魅力的ですが、利用停止などのリスクを伴うということになります。

キャッシュバック方式がお勧め

買取方式よりもお勧めなのが、キャッシュバック方式です。
キャッシュバック方式とはどのような方式なのかというと、キャッシュ=現金、バック=返す なので、「現金を返す」ということです。
どのように現金を返すのかというと、現金化業者が指定した商品を購入してくれたおまけに現金を返してくれます。

指定される商品を主に以下です。

・CD
・パワーストーン

なぜこちらの商品が指定されるかというと、クレジットカードのショッピング枠で高い換金率の商品を購入すると、現金化を疑われます。
なので現金化が疑われにくいCDやパワーストーンを指定しているのです。
そのためキャッシュバック方式は、現金化が疑われるリスクが低いので、安全と言えるでしょう

他にも現金化は、申し込みから現金化完了までの所要時間が少ないことが挙げられます。
申し込みたい現金化業者のホームページから申し込み、業者とのやり取りを行い、現金が銀行口座に振り込まれるまで、15~30分で完了します。

そしてキャッシュバック方式は、スマホがあれば現金化をすることができます
買取方式は店舗に行く必要があるので、手間がかかりますね。

キャッシュバック方式の不安な点を挙げるとするなら、買取方式のように店舗のスタッフと会うことができないということでしょうか。
お金のやり取りをするので、ある程度信用性が欲しいところですが、ホームページに書かれている電話番号に連絡すれば丁寧に教えてくれるので、不安は和らぐでしょう。

もう1点挙げるなら、換金率が低いことでしょうか。
買取方式に比べると5~10%ほど低くなっているかもしれません。
ですが、先ほどご紹介した通り、クレジットカード会社に現金化がバレにくいのはキャッシュバック方式です。
高い換金率で現金化できても、クレジットカードがその後利用できなくなるのは厳しいので、お勧めはキャッシュバック方式です。

まとめ

クレジットカードのショッピング枠の現金化の買取方式は、高い換金率と店舗でのスタッフに直接聞けるという面から良さそうですが、クレジットカード会社に現金化がバレて、利用停止というハイリスクも潜在しています。

対してキャッシュバック方式ですが、買取方式に比べ低い換金率ですが、クレジットカード会社に現金化がバレるリスクは低く、そして短時間で現金化できる点が優れています。

やはり安全に簡単に現金化ができる、キャッシュバック方式が良いと思います。

新着記事一覧

アーカイブ