※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

Suicaを現金化する際に気をつけることとは?

モバイルSuicaならスマホで利用可能

現在ではICカードを利用している人は、ほとんどではないでしょうか。
というのも、電車に乗る時にICカードを利用したほうがお得ですからね。

SuicaやPASMOは主に関東圏で利用されているICカードで、各地で呼び名は違くても同じような形で流通されていますよね。
カードタイプを利用している人が多いと思いますが、徐々にスマホのモバイルSuicaを利用している人が増えてきています。

利用方法は簡単で、改札にかざすだけで通れます。
もちろんカードの中にチャージしておく必要があります。
チャージは駅構内の自動券売機の他、コンビニエンスストアでもレジで取り扱ってくれます。
モバイルSuicaであれば、改札でオートチャージをすることも可能です。

カードタイプでは、ビューカードというSuicaとクレジットカードが一体となったものが、クレジットカードのショッピング枠でチャージできます
駅にあるVIEW ALTTE(ビューアルッテ)と呼ばれるATMでもチャージ可能です。
こちらも設定を行えばオートチャージすることができます。

交通機関の利用だけでなく、今ではいろいろな買い物が電子マネーとして利用することで購入できますよね。

そんなSuicaの現金化について次項で解説したいと思います。

Suicaを現金化するためのコツとは?

Suicaを現金化するには以下の方法が考えられます。

・切符を間違えて購入したと払い戻す

Suicaが利用できる駅で、なるべく運賃の高い切符を購入し、その後窓口などで駅員に間違って購入したことを伝え、払い戻してもらう方法です。
購入から5分以内でしたら券売機でも行うことができます

・高換金率で売れそうな商品をSuicaで購入しその後買取ショップで売る

Suicaは電子マネーで商品を購入できるので、Suicaが利用できるショップで高換金率の商品を探し購入します。
買った商品を買取ショップで売り、現金を手にできます。
この方法が少々手間なのが、なかなかSuicaで買える商品で、高換金率のものがないことです
金券などは買えませんし、新幹線の回数券なども買えません。
狙い目としては、オークションやフリマアプリなどで高く売れそうなものを選ぶと良いでしょう。

・Suica返却によって現金を払い戻す

ICカードタイプのみの方法ですが、Suicaは発行する際にデポジットと呼ばれる預り金である500円を支払う必要がありますが、返却する際には返却手数料の220円は引かれますが、デポジット金額とチャージしていた残金については返却されるのです。

返却手数料の220円をチャージ残金が下回る場合は、返金されないのでご注意ください。

結局Suicaは現金化には向いてるの?

現金化の方法について解説しましたが、結局Suicaを利用した現金化は現金化に向いているのでしょうか。
結論から言うと向いていません。
というより、やらない方が良いでしょう

というのも、すべての方法について、多額の現金を得られる方法ではありません。
手間に比べて得られる対価が少なすぎます。
Suicaの返却の方法も何度も行えるわけではないので、やはり向いていないと言えるでしょう。

まとめ

Suicaは利用シーンが増えてきていてとても便利ですが、現金化することは手間ですし労力に対しての対価としては割に合いません。
解説した方法で行うにしても、手間ですし行える回数が限られています。

現金化を行いたいという人は、Suicaではなくクレジットカーどのショッピング枠を現金化しましょう。
現金化業者を利用すれば最短30分で行うことができますし、こちらで対応することはそれほどないので余計な手間がかかりません。
低リスクで行えるのでお勧めです。

新着記事一覧

アーカイブ