※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

健康保険証を持っていない場合でも病院に行ける?

加入していれば負担額が大幅に減る?

健康保険証は、持っているだけでも非常に助かる制度です。
身分証としての役割も果たしてくれますし、病院を受診した際は、3割の負担額を支払うだけでいいので、いざという時に安心できます。

しかし、なんらかの理由によって保険証を持たない人も多くいます。
そういった方が病院を受診するときは、どうしたらいいのでしょう?

簡単に言うと、保険証を提示しないでの病院の受信では、10割負担しなければなりません
そのため、少々のことで病院に行っても、非常に多額のお金が発生します。

転職や引っ越し、職場が変わることなどによって、保険証は切り替わります。
その場合、適切な切り替えを行わなければ、保険証を手に入れることはできません。

その日忘れてしまった場合などは、申告すれば何とかなる場合がほとんどです。
しかし、切り替えを行わずに保険証を持たない場合は、自己負担になります。

病院などによっては、保険証が届くまで支払いを伸ばすこともできます
一度自分が育病院や役所で相談する事をおススメします。

病院では仮払い対応も?加入のために必要な事!

病院では、健康保険証の切り替え中の際や作成している間に受診した場合は、料金の支払いを待ってくれて、場合によっては一時全額負担を行っても、健康保険証が出来上がった後に、もう一度病院に行って手続きを行うことで、7割の金額が返還されるシステムがあります。

しかし、様々な理由で健康保険証を作成することができない出る人には、このシステムは当てはまりません
そのため、必ず受診した際は10割を負担しなければなりません。

治療を先延ばしになれば、病状が悪化し、診療よりも高額になり意味がなくなります。
そのため、健康保険証を作成しない選択肢は非常に悪い選択といえます。

健康保険証を会社で作ることができない状況の方は、結婚している場合は配偶者の扶養に入ることで、配偶者の会社から発行してもらうことができます

独身の場合は、一度もよりの役所に行って相談する事をおススメします。
相談することで、免除を受けられるほか、少し負担額が安くなる方法なども提示してもらうことができます。
少しでもいいのでしっかりと健康保険料を支払い、保険証を手に入れましょう。

無料で行える低額診療とは

保険証がない方を対象に、全国では約560か所で無料低額診療というものを受けることができます

都道府県によって負担額は異なりますが、健康保険証を保有している時と同じような額で健康を診てもらうことができます。
場合によっては、自分の今の収入などのコピーが必要になります

最寄りの診療所で確認しておきましょう。
そういった場合にも、健康保険証などについて親身になって相談にのってくれるスタッフもいます。
積極的に活用して、今の状況を打開するようにしましょう。

この制度は、厚生労働省も推奨しているシステムですので、心配の必要もありません。
気になった方は、一度自分が住んでいる地域にもあるのか確認し、さっそく開かれている日に行ってみましょう。

生活保護は医療のみでも申請できる

生活が困窮し、困っている方のために作られた制度「生活保護」ですが、場合によっては医療面だけそういった保護を受けることができるのはご存知でしたか?

生活保護はそれなりに困窮し、政府から許可が出なければ受けることができません。
そこまで困窮はしていないけれど、しかし、医療面では支払いが難しい……。
という方も中に入るようです。

生活保護以外でもそういったシステムを活用していけば、医療費を支払う必要がなくなります
体が心配な方は、役所に行って一度相談してみる事をおススメします。

まとめ

健康保険証を持っていない人は一定数います。
そういった方は、病気になった場合どうしたらいいのでしょうか?

今回は、健康保険証が無い場合の対処法についてご紹介してきました。
健康保険料を作っている最中の場合、持っていない場合など、状況によって支払う額はかなり変わってきます。

10割負担しなければならず、生活が困難な方にとってはかなりきつい状況です。
そういった場合は、すぐに現金を手に入れることができる現金化を活用していきましょう。

その後病院に行く可能性がある場合は、役所に相談し、健康保険証を発行するか。
生活保護を受けるなどの対処を行っていきましょう。

新着記事一覧

アーカイブ