※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

入院費が払えなくなった!急なことに対応するには?

入院費の相場が知りたい

病気やけがで急に入院してしまった場合、その日から入院費が発生してしまいます。
そういった場合、お金を用意するのは大変だから心配…と思っている人はいませんか?

全日本病院協会では、急な入院に備えて、入院時の平均の入院費をまとめたデータが公開されています。
病気によって、金額は1日あたり3万~10万と前後しますが、それだけでも大きな金額が動くことになります。
ケガをした場合も、病気で入院した場合も、数日で退院することができるのはレアなケースです。

そのため、最低でも10万円以上の請求が来るとみて間違いないでしょう
さらに、がんなどの3大疾患にかかった場合は、100万円を超えます。
そうなると、かなりの金額が必要になりますよね。

がんなどの場合は、1度や2度の入院では済みませんので、非常に高額な金額が掛かります。
健康保険に加入していれば、少し割り引かせることができます。
そういった面でも、保険への加入は非常に大切になります。

病院によっては分割払いは可能なのか?

健康保険などに加入しているから大丈夫、というのは、少々早計です。
何日入院するかによって、3割の負担でも非常に高額な金額になってしまうからです。

入院費がいくら高額でも、無償で治療を受けられるわけではありません。
当然支払いは発生しますので、退院後もしっかりと支払いを行わなくてはなりません。
支払いを怠ると、催促状が届きます。しっかりと支払うようにしましょう

それでも支払いが厳しい場合は、通知等を無視するのではなく、あらかじめ病院に相談するようにしましょう
きちんと支払う誠意を見せたり、話しあったりすることで、病院によっては、少しずつ、つまり分割でも支払うことが可能な場合があります。

そういった場合をうまく活用し、入院費を支払っていくようにしましょう。
しかし、普段の生活に戻っても、なかなかすぐには働けない人もいて、支払いに困る人もいますよね。
そういった場合の対処法はないのでしょうか?

次からは、自己負担額を少しでも多く減らすことができる方法についてご紹介していきます。

自己負担額が減る?高額医療費制度の実態とは

非常に医療費というのは高額です。診察に比べ、入院費となると非常に高額になります。
場合によっては100万円を超えてきます。
そういった場合、保険に入っていても、非常に高額になります。

しかし、この自己負担額は、方法によっては減額することができるのはご存知でしたか?
その方法というのが、「高額医療費制度」と呼ばれる制度です。

高額医療費制度とは、1ヶ月にかかる医療費がある一定以上に達した場合、健康保険で負担してもらえるという制度です。
限度額以上かかった場合に限り、それ以上は支払う必要がなくなるのです

月にいくらの給料をもらっているか、というのが判断基準になりますので、自分の月給と、入院費で計算を行うことができます。
この制度をうまく活用することで、50万円以上負担額を減らすことができます。

また、入院することによって、入院費などの医療費以外にもお金が必要になります。
そういった場合は急な出費になるので、お金がない!と焦った場合、クレジットカードなどのショッピング枠を利用して現金化を行う必要があります。

ショッピング枠で現金化を行えば、最短数時間ですぐに現金を手に入れることができます。
そうすれば、手持ちが無くなっても安心できますよね。ぜひ活用してみてください。

現金化に活用するものによっては、カードの利用を制限されてしまうことも多くあります。
そのため、安心・安全に現金化を利用する方法もあるので、しっかりと調べておきましょう。

まとめ

入院は急に起こります。
そのため、ケガや病気で入院してしまった際、急に高額な金額が掛かる場合があります。

病気の種類によっては、1日だけでもかなりの額になります。
しかし、焦る必要はありません。医療機関によっては、分割での支払いが可能な場所もあり、とても便利な「高額医療費制度」を活用すれば安心だからです。

始めは未払いで退院してしまっても、その後支払う意思と誠意を見せていけば問題ありません。
前もってしっかりと病院と連携を取っていきましょう。そうすることで、入院中も安心して治療に専念することができます。

さらに、保険に入っていれば安心することができます。
また、入院費以外の部分でお金が必要になった場合は、現金化を活用してみましょう。

急な出費でも、即日対応してもらえるので安心して現金を手に入れることができます。

新着記事一覧

アーカイブ