※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

Amazonギフト券の現金化で逮捕者?リスクは高い?

約13億円分のAmazonギフト券が現金化される

Amazonギフト券が関連する逮捕者が出たのは、2017年10月のことでした。

詐欺グループは、有料動画サイトを利用したとでっちあげ架空に請求し、その請求をAmazonギフト券で行い、2年間でおよそ13億円程度におよぶAmazonギフト券を騙し取り、それを現金化していたというのです。
逮捕された容疑者は詐欺グループが騙し取ったAmazonギフト券を現金化する役割で、容疑者自身が運営する買取サイトにて売却していました。

逮捕容疑は、あくまで有料動画サイトの利用したとでっちあげによる架空請求なので、現金化は関係ありません。
ですがこのことによって、現金化が目をつけられたといっても過言ではないでしょう。

最近の詐欺はAmazonギフト券を利用したものが多いようですが、なぜそこまで利用されるのでしょうか。

Amazonギフト券はリスクが低い?

詐欺でAmazonギフト券は利用されたのは、その入手するためのリスクの低さにあります。
Amazonギフト券を使用するには、表示されている番号が必要で、その番号が分かればギフト券自体は必要がないのです。
そこに目をつけた詐欺グループは、架空請求という方法で、Amazonギフト券の番号を被害者に請求したのだと思います。

またAmazonギフト券が利用されたのは、最近の詐欺を取り締まる環境にあります。
年配の人達を狙った振り込み詐欺が多発したことにより、各方面による対策が施され、振り込みによる詐欺ができなくなったことが原因と思われます。
困った詐欺グループはAmazonギフト券の入手しやすさに目をつけ、詐欺を行ったというわけです。

容疑はAmazonギフト券の現金化によるものではありませんでしたが、現金化にはリスクはないのでしょうか。

アカウントが削除される可能性も

Amazonギフト券を現金化行ったことによって、警察に逮捕されるということは発生しませんが、Amazonが利用できなくなる、ということは起きるかもしれません。
というのもAmazonの利用規約では、「Amazonギフト券を利用した現金化を行ってはいけない」と記載されているからです。
現金化を行ったことを運営に検知された場合は、アカウントの停止または削除という思い処置がされる可能性があります。

Amazonが利用できなくなるだけで済めばいいですが、クレジットカードを利用できなくなる可能性もあります。
Amazonギフト券を利用した現金化が悪質な場合、Amazonの運営からクレジットカード会社に連絡され、対応されることもあるからです。

Amazonもクレジットカードも利用停止になりたくない、という人は慎重に現金化を進めることをお勧めします。
いきなり大きな金額のAmazonギフト券を購入すると、現金化を行うのではないかと目をつけられてしまうからです。
まずは1万円程度からはじめ、徐々に金額を増やしていくやり方が良いでしょう。

そんな気を遣うやり方は好まない、という人は現金化業者を利用した安全な現金化をお勧めします。

まとめ

Amazonギフト券を利用した詐欺で逮捕者が出たとのことでしたが、現金化は罪に問われることはありません。
ですが、Amazonの利用規約にて現金化は禁止と記載されているので、リスクは高いといえます。
それでも現金化をしたいという人は、いきなり多額のAmazonギフト券を購入するのではなく、まずは少額からはじめて少しずつ行うといいでしょう。

リスクが低い方法で現金化を行いたい、という人は現金化業者にて現金化をすると良いでしょう。
安全に現金化をすることができ、手順などは丁寧に業者が教えてくれます。
ぜひ利用してみてください。

新着記事一覧

アーカイブ