※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

メルカリで簡単に現金化!?売上金を現金化する方法を分かりやすく解説!

現金が出品されニュースで取り上げられる事態に

メルカリは、会員数も順調に伸び、今では上場されることも明らかになるなど、有名なフリマアプリとなりました。
サービス開始は2013年で、当初は洋服や小物などが主に出品されていましたが、今では本当にフリーマーケットのようにそこで買えないものはない、と言えるぐらいの様々な商品が出品されています。

順調に成長していましたが、2017年4月にある事象が起きます。
それは「現金」がメルカリで出品されていたため、SNSで大変話題になったのです。

その当時は現金の出品は禁止されておらず、発行数が少ない、ゾロ目番号などレアな紙幣や硬貨を出品し、額面以上の値段で設定し、利益を出していたのです。
紙幣や硬貨には額面通りの価値しかないはずなのですが。

現金が出品される例は、レアな紙幣や硬貨だけではなく、普通の紙幣が出品され、それが買われていたのです。
出品者は、普通の1万円札を5枚、計5万円を5万9,500円で販売したのにもかかわらず、それが買われたのです。
元値以上の価格で出品していたのにです。

なぜ購入されたかといいますと、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化するためです。

支払いが差し迫っていて、なんとか現金が欲しいという人が、メルカリで出品されている5万円を、クレジットカードによる決済で購入します。
するとクレジットカードによる支払いは翌月などかなり先となるので、5万円の現金が手に入るというわけです。

クレジットカードの支払い日には、当然、購入金額金額である5万9,500円が銀行口座から引き落とされるので、9,500円の損失が発生しているのですが、現金でしか払えない支払いに対処できるので、その場は凌げます。
こうしたクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化をするため、メルカリに現金が出品されていたのです。

最初はSNSでの炎上でしたが、それがニュースに取り上げられるなど問題となったため、メルカリにおいて現行の紙幣や硬貨の出品が禁止となりました。
なぜならクレジットカード会社の規約では、ショッピング枠の現金化が認められていないからです。

メルカリで売り上げたお金はすぐに振り込まれる?

前述したようにに、まるでショッピングモールのように、色々な商品が出品されるメルカリですが、スマホを使って簡単に購入できる点が良いですよね。
そして、自宅の押し入れに眠っている、処理に困っていた不用品などを出品して売ることもできるので、人気になる理由が分かります。

出品してその商品が売れて、代金が即日口座に入金!という形だったら良いのですが、メルカリはそういうわけにはいきません。

メルカリの取引はオークションなどとは異なり、購入者、出品者の他に、メルカリの運営という第三者が関係します。
購入者はメルカリを介して出品者の商品を買い、出品者はメルカリを介して購入者からの代金を受け取るのです。

購入者が商品の代金をクレジット決済やコンビニ支払いなどで支払うと、メルカリが一時的にその代金を預かります。
その後出品者が商品を発送し、無事に購入者に届くと取引は成立となり、メルカリが預かっていた代金が出品者に支払われます。

なぜこのような形を取っているかというと、購入者は代金を支払ったのに商品が届かなかったり、出品者が商品を発送したのに代金が支払われないなどのトラブルを防ぐためです。

支払われた代金はすぐ使えるのでしょうか?
残念ながらすぐに使うことはできません。

なぜならメルカリから支払われた代金は、直接銀行口座に振り込まれるのではなく、メリカリのサービス内で利用できるお金として支払われるからです。
メルカリで出品してある商品は、そのお金を使って購入することができます。

現金化して別で使いたいと思った場合は、そこから自分が登録してある銀行口座にアプリで振り込むように操作しなければなりません

メルカリでの代金を現金化するには、
①アプリのホーム画面の左上の3本線をタップし、「設定」をタップする
②「設定」の「売上・ポイント・クーポン」内の「売上・振込申請」をタップ
③現在の金額が表示されているので、その下部の「振込申請して現金を受け取る」をタップ
④振り込み先の口座番号などを入力後、「次へ」をタップして振り込み申請金額を入力し確認すれば、振り込み申請は完了

振り込み時に留意しなければいけないこと

売上代金を登録した銀行口座に振り込む時に、留意しておかなければいけないことがあります。
まずは振込金額は1万円に満たない場合、振込手数料が210円かかります。

例えば400円で商品が売れたとして、手数料が210円かかりますので、口座に振り込まれるのは190円となってしまいます。
1万円以上での振リ込みを行うほうがよいでしょう。

次に、売上代金は1年以内に使用しなければなりません
1万円を超えてから引き出そうと考えていて、その間に1年が経ってしまい、振り込まれなかったということが起きてしまいます。

最後に、毎週月曜日が振り込み申請の締切日で、その週の金曜日に振り込みが行われるということです。
銀行のように振り込むよう申請を行ったら、すぐに振り込まれるわけではなく、月曜日の締切日までに申請を受けたものを、その週の金曜日に振り込むというシステムを取っています。

例えば10日の火曜日に申請を行った場合、振り込まれるのは20日の金曜日ということになります。
最大で10日後に振り込まることになるので、注意が必要です。

まとめ

メルカリでの売上代金を現金化する方法は、少し理解しづらいかもしれませんが、慣れると簡単にできます。
多くの方に利用されていることから分かるように、分かりやすい作りになっているので、一度使ってみてください。

押し入れに眠っている不用品や、買ったは良いけど気に入らなかった物があれば、メルカリを利用してみてはいかがでしょうか。
こんな物が売れるの?という物も売れたりするので、試しに出品してみましょう。

クレジットカードのショッピング枠の現金化よりも簡単に現金化ができる、メルカリで現金化してみましょう。

新着記事一覧

アーカイブ