※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

ツケ払いの滞納は危険?ZOZOTOWNの支払いが遅れた場合どうなるのか検証

誰でも利用できるシステムには落とし穴が?

ZOZOTOWNには、代引きや振り込み、クレジットカード支払いなどとは別に、「ツケ払い」という支払い方法が存在します。
GMOペイメントサービスという会社と委託して始められたシステムで、誰でも利用することができます。

支払いを一時代行して行ってもらえるので、支払いは2ヶ月後でいいというものです
今現金で余裕がない、という学生などでも気軽に申し込むだけでツケ払いを行うことができるので、非常に便利です。

未成年でも、簡単に申し込むことができるので、実際に保護者の同意が無くても簡単に申し込むことができます。
一時期、こういった学生や未成年を対象にするために作られたシステムなのでは?と言われることもあったほどでした。

洋服が欲しい、可愛い服を着たい、という女子の希望をしっかりと叶えてくれるシステムである反面、ツケ払いを行うためには、事前の審査が必要になります。

ZOZOTOWNに登録されている情報をもとに審査がされますので、数秒で結果がでます。
ツケ払いは非常に便利ですが、料金を一時期代行してもらうということは、借金と同じシステムということです

そのため、支払いが滞るような人には審査が通らないことがあります。
また、支払い期限を過ぎて支払うようなことがあっては、今後の利用にも響きますのでしっかりと用意することが大切になります。

もし、現金がなく困る、という方は、現金化を利用して現金を手に入れておくようにしましょう。

支払いが遅れてしまった場合の対処法

支払いが遅れてしまった場合、1日~数日であれば、支払い用紙は機能していますので、急いで支払いを行えば問題ない場合があります。

1番いいのは、支払い忘れ及び、支払いが遅くなりそうだとわかった段階で連絡を入れることです
連絡を入れずに意図的に滞納したというものは、印象がよくありません。
しっかりと連絡を入れておくようにしましょう。

ツケ払いは、2ヶ月後に支払いを行うことができるシステムです。
そのため、2ヶ月の間にしっかりとお金を用意しておく必要があります。

どうしても現金が用意できない状況でも、クレジットカードなどの現金化を利用すれば現金を手に入れることができますので、積極的に活用していく事をおススメします。

数日~数週間意図的に支払いを行わなかった場合、ZOZOTOWNではなく、支払いを代行してくれたGMOペイメントサービスからの連絡が入ります。
電話や手紙が届き、支払いの催促が始まります。

システム上では借金をしている事と変わらないので、延滞料金が加算された支払い用紙が新しく届くこともあります
しっかりと確認し、すぐに支払いに行くようにしましょう。

では、次に、それでも支払いをすることなく、滞納を重ねてしまった場合はどうなってしまうのか、ということについてご紹介していきます。

ブラックリストは存在するの?滞納しすぎた場合の末路

滞納が数週間~1ヶ月、2ヶ月と進んでいくと、次第に連絡が来る回数も増えてくるようになります。

滞納を行うと、支払い代行サービスを行ってくれていたGMOペイメントサービスからの連絡が来ます。
手紙や電話でコンタクトを図ってきますので、無視しないようにしましょう

支払いを代行してもらっているのですから、支払いを踏み倒すことは絶対にできません。
2ヶ月を過ぎてからは、GMOペイメントサービスの手紙も、支払いの催促ではなく、訴訟を起こす、という文面に代わってきます。

そうなってしまうと、給料などが差し押さえられてしまうため、いわゆるブラックリストと呼ばれる債務の延滞記録が行われてしまう可能性もあります。

GMOペイメントサービスだけなら、そういった信用情報機関への登録はありませんので、訴訟が行われる前に必ず支払うようにしましょう

まとめ

ZOZOTOWNで始められた「ツケ払い」は、一時的に支払いを代行してもらい、2ヶ月後に支払いを行うことができる便利なシステムです。

学生や未成年でも簡単に利用することができるので、支払いが滞りやすく、延滞も多くあるといわれています。
しかし、その延滞を繰りかえしていると、最悪の場合ブラックリストに記録が残ることもあります。

そのため、必ず、支払い期限である2ヶ月以内に支払いを完了させておく必要があります。
1度に利用できるツケ払いの限度額は54,000円となっていますので、大きい金額ではありませんよね。

どうしても現金が必要な場合は、クレジットカードの現金化を利用することでお金を即日で用意することもできます。ぜひ活用してみましょう。

新着記事一覧

アーカイブ