※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

分割払いがしたい!スピード違反をした際に支払う額や基準とは

「10キロ以内ならスピード違反にならない」は嘘?

よく、スピード違反を取り締まる警察に気を付けるときに、「10キロ以上出していなければ捕まることはない」と言ってくる人はいませんか?
その認識は、大きな誤りです。そもそも、スピード違反とは、正式名称を「速度超過」と言い、その名の通り、公道で定められたスピード以上の速度で運行してしまった際に課せられる、ペナルティの事を指します

通常の道路であれば、40~60キロという速度が定められており、各道路には標識で、「ここでは何キロ以内で走行してください」という指示が出されています。
一方、高速道路でも、80キロ~の速度が定められており、あまりに早いスピードで走行すると、非常に多額の罰金を支払うことになります。

もちろん、自動車だけではなく、バイクなどでも「速度超過」は必ず存在し、スピードを出しすぎている人には反則金の罰が与えられます。
1キロ~20キロまでのスピード違反は、基本的に速度超過と呼ばれる交通違反によって取り締まることができます

そのため、10キロ程度ならスピード違反に問われることがない、という意見は信ぴょう性のない話だといえます。
警察によっては、ほかのスピード違反を取り締まるために、大きなスピード違反をしていない車は見逃す事もあるようですが、それも場合によりますので何とも言えません。

ですので、必要以上のスピードを出さないよう安全に運転するよう心がけましょう。

罰金と反則金の違いとは?スピード超過別の金額を紹介

スピード違反をした際、罰金と反則金が存在するのはご存知でしたか?
スピードによって、罰金や反則として減点される点数が変わってきます。

この点数とは、免許を取った際から発生する交通違反によって、減点されていくポイントのことです
減点がないと、無事故無違反という事の証明になり、ゴールド免許を手に入れることができます。

しかし、スピード違反などでは、1~3点以上の減点がされる場合があり、速度によっては、免許をはく奪されてしまう可能性もあります。
そのため、スピードを守ることは非常に大切です。

公道では、29キロを超えるスピードで走行した場合、3ポイント以上の減点と罰金が科せられます。
それ以下は、9,000~18,000円の反則金が発生します。
罰金となると、簡易裁判が発生してしまうので、注意が必要です。

反則金の場合は、すぐに支払いが発生します。
10日以内に支払うことができない場合は、労役を強いられる可能性もあります
2万円前後であれば、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化を行えばすぐにお金を手に入れることができます。

すぐに現金が必要になった場合は、しっかりと現金化を行い、不測の事態に対処しましょう。

一括払いが基本!分割払いができない理由と現金化

場合によっては、反則金・罰金は非常に高額になる場合があります。
スピード違反だけだった場合は、十分一括で支払うことができますが、場合によっては事故を引き起こしてしまう可能性もあります。

そうなると、金額が非常に高くなる場合があり、負担も大きくなります。
そういった場合にも、クレジットカードのショッピング枠は非常に便利です。
限度額が十分にある場合は、すぐに現金を手に入れることができる制度を積極的に活用し、支払いに充てましょう。

基本的に、反則金も罰金も、一括でしか支払いは一括でのみ認められています
そのため、分割で支払いたいという意思は認めてもらえないことの方がほとんどです。
罰金の場合は、非常に悪い事をしたということになるので、支払いまで日数が空きますが、反則金は10日以内に支払わなければなりません

猶予はありませんので、すぐに金銭を手に入れられるよう動き出す事をおススメします。

まとめ

公道や高速道路でスピードを出しすぎると、場合によっては1~3の点数が減点され、反則金か罰金の支払い義務が生じます。
どちらも交通違反なので、決められた額を期間内に支払わなければなりません。

最大で10万円以上の罰金を2週間程度で支払うのは、非常に難しいこともありますよね。
しかし、クレジットカードを利用して現金化をすれば、簡単に現金を手に入れることができます。

そういったことも活用して、しっかりと反則金を支払うよう心がけましょう。
また、できる限りそういった違反行為をすることなく、安全に運転する事が第一です。

反則金などは、一括でしか支払うことができないので、安全で安心の運転を心掛け、楽しい運転を心がけてください。

新着記事一覧

アーカイブ