※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

クレジットカードの現金化で利用停止も?現金化をバレないようにする方法

カードローンよりもクレジットカード現金化の方がお勧め

カードローンとクレジットカードの現金化なら、カードローンの方がお得で便利と思っている人が多いのではないでしょうか。
実はカードローンの方が手間で、クレジットカードの現金化の方が簡単でお得なのです。

なぜかというと、カードローンにてお金を借りるには、その人に貸しても良いか審査があります。
それに対してクレジットカードの現金化は審査がありません

そしてカードローンの審査の際に、在職中の職場に本当に在籍しているか電話にて確認の連絡があります。
その際に、同僚などにカードローンの申請したということがバレてしまう可能性があります。
クレジットカードの現金化は職場などに連絡されることはありません。

また、カードローンで審査が通り在籍確認も済むと借りることができますが、その借りたという情報が信用情報機関というところに残ってしまいます
新しくクレジットカードを作ったり、家を買ったりする時などに不利となってしまうかもしれません。
クレジットカードの現金化は履歴等は残らず、他への影響はありません。

まとめると、カードローンには審査に通る必要があり、審査の際に職場に在籍確認があり同僚にバレてしまう可能性があり、また信用情報機関にカードローンで借りたという情報が残ってしまうという欠点がありますが、クレジットカードの現金化には審査がなく、職場への在籍確認等の連絡もなく、信用情報機関への情報は残らないのでお勧めです。

クレジットカードが利用停止となる可能性も?

カードローンに比べ信用情報にも情報が残らず、良いことばかりのようですが、大きな危険性を持っています。

クレジットカードの現金化は公に認められいるわけではなく、むしろ禁止とされています。
各クレジットカード会社の利用規約に、しっかり現金化は禁止すると明記されています。
そのためクレジットカードの現金化は利用規約違反となるので、ペナルティが課される可能性があります
そのペナルティの例がクレジットカードの利用停止です。

利用停止となってしまうと、再開できる可能性は低く、その後強制解約となると、このことは信用情報機関に情報として残ってしまいます。
情報が残ってしまうと、他のクレジットカード会社でカードを作ることは難しくなるでしょう

まとめると、クレジットカードの現金化は各クレジットカード会社から禁止されており、バレると利用停止となる可能性があり、利用停止後に強制解約となると信用情報に残ってしまい、他のクレジットカードが作れなくなってしまうという危険性があります。

利用停止のリスクを回避するには

クレジットカードの現金化をクレジットカード会社に知られなければ、利用停止になりません。
では知られないためにはどのように対応すれば良いのでしょうか。

クレジットカード会社は、現金化が疑わしい行動または決済について、システムで自動でピックアップするように設定されています
ですから、疑わしい行動や決済をしなければ、知られることはありません。

ではどのような行動・決済が対象になるかというと、クレジットカードのキャッシング枠が上限いっぱいまで利用している人はその対象となります。
キャッシング枠が上限いっぱいまで利用しているということは、お金に困っていると判断されます。
その状況からショッピング枠を上限いっぱいまで利用すれば、現金化をしているな、となるからです。

決済でいうと、新幹線の回数券などの換金率の高い商品を、ショッピング枠で高額購入した人は対象となります
換金率の高い商品をクレジット決済で購入するだけで、現金化を行っているとピックアップされるので注意が必要です。

まとめると、クレジットカードのキャッシング枠はある程度空けておいて、換金率の高い商品は購入を控えるようにすれば、利用停止となる可能性は低くなるでしょう。

まとめ

クレジットカードの現金化は、非常に危険性は低いのですが、現金化がクレジットカード会社にバレてしまうと、利用停止後に強制解約となってしまうこともあります。

バレないようにするためには、換金率の高い商品をショッピング枠で購入しないようにする、キャッシング枠は空けておくなど注意が必要です。

注意して利用していれば、クレジットカード現金化は非常に簡単で、危険性の低い現金調達の方法です。

自分で現金化を行うと危険性は高くなります。
安全な現金化業者を利用した方が良いでしょう。

新着記事一覧

アーカイブ