※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

どのクレジットカードの審査が通りやすい?徹底検証!

【タイトル案】 【キーワード】 【リード】 クレジットカードにはいろいろな種類がありますよね。普通のカード、ゴールド、プラチナなどありますが、それによって審査は変わるのでしょうか。また、それぞれ銀行や会社が発行しているカードの審査はどうなのでしょうか。他社で借りているという人や、学生や主婦などでも作れるのでしょうか。クレジットカードの審査基準について解説したいと思います。

大きく分けて3つの審査

他人にお金を貸す場合、貸しても返してくれる人か、それぞれ審査をしていると思います。
クレジットカード会社も同様に、貸しても返してくれる人か審査を行います。
それぞれの会社で審査基準はありますが、共通して大きく3つの査定項目があります。

まずは期日までに支払う能力があるかということです
クレジットカード会社としても返してもらわなければ運営していけないので、しっかり返済してくれる力があるか審査します。
年収や職業、雇用形態、返済履歴、家族構成などが見られます。

他に査定される項目として、支払う人の傾向が調査されます。
支払いに遅延が発生しているかどうか、期日に支払っているかどうか、などです。
以前の支払履歴から審査されます。

期日に支払えないことが続いた時に、お金以外のもので支払うことができるかという面で、保有資産を審査対象とすることもあります。
返済してもらえずクレジットカード会社が泣き寝入りとならないようにするためです。

審査が通りやすい人とは、しっかり収入がありそれが継続的にある人です。
それなりの収入で勤続年数が長ければ長いほど、クレジットカードの審査が通りやすいでしょう。
高年収でも開業して間もない自営業者の人は、審査が通りにくと言えます

学生や主婦でも、その両親または夫がしっかり稼いでいれば、クレジットカードを持つことが可能です。

カードや会社によって審査基準は変わる

審査基準はカードの種類やクレジットカードを発行している会社によって違ってきます。
審査が厳しいものもあれば、緩いものもあります。

<カードの種類>

・一般のカード
年会費はなく誰でも作ることができる
審査はそこまで厳しくはない

・ゴールドカード
一般のカードよりも特典が豊富
年会費がある

・プラチナカード
ゴールドカードよりも特典が豊富
利用頻度や金額によって、クレジットカード会社からの招待により所有することができる

・ブラックカード
専用のコンシェルジュがつき、24時間サービスを受けることができる
予約が取りにくいホテルも予約することができる
年会費は数十万円
利用頻度や金額によって、クレジットカード会社からの招待により所有することができる

一般のカードは誰でも申し込むことができ、審査も通りやすいと言えます。
逆にブラックカードは誰でも申し込むことはできず、クレジットカード会社からの招待者のみが所有することができます。

<発行している銀行・会社>

【銀行】

・SMBC JCB CARD
三井住友銀行が発行
キャッシュカードとクレジットカード機能が一体となっているので非常に便利
審査が厳しい

【信販】

・オリコカード
信販会社のオリコが発行
一般的なクレジットカード
審査が厳しい

【流通】

・イオンカード
イオンが発行
年会費無料
スーパーマーケットを展開している中では、審査が比較的緩い

・楽天カード
楽天が発行
年会費無料
学生や主婦の間で人気で、審査が圧倒的に通りやすい

・ファミマTカード
ファミリーマートが発行
年会費無料
初めてクレジットカードを作る人や学生などでも審査が通りやすい

・エポスカード
マルイが発行
大学生に人気で、学生をターゲットとしているため比較的審査が通りやすい

【消費者金融】

・ACマスターカード
アコムが発行
年会費無料
お金を貸すことを目的としているアコムが発行しているためか、審査が通りやすいとの評価が多い

いろいろな会社がクレジットカードを発行していますが、銀行や信販会社が発行しているものは審査が厳しいでしょう。
流通会社と消費者金融が発行しているカードは審査が甘いと言われています。

まとめ

クレジットカードには銀行や会社が発行しているカードがあり、それぞれ審査の査定項目が異なることを解説しました。

銀行や信販会社が発行しているカードは審査が厳しいですが、流通、消費者金融会社が発行しているカードは審査が通りやすいので、他で審査が落ちてしまったという人は申し込んでみると良いでしょう。

審査が通過したら、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化があることを知っておいたほうが良いでしょう。
急ぎで現金が必要になった際に、大きな助けとなってくれるからです。

新着記事一覧

アーカイブ