※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

「買い取り方式」のメリットとは?クレジットカードで現金化する注意点

クレジットカードの現金化方法「買い取り方式」について

現金化、という言葉を聞いたことはありますか?

クレジットカードのショッピング枠などを利用して、実際に購入しギフト券などを現金に変換する方法です。
その方法を「買い取り方式」と呼びます。
買取業者に仲介に入ってもらい、購入した券などを現金に換えることができるので、手元に現金が無くて困っている方などは気軽に利用することができます。

実際に店舗に赴いて現金化を申請する方法もありますが、近年ではもっと簡単な方法が存在します。
それが、HPを利用する方法です。

サイトにアクセスし、必要最低限の個人情報と、利用したい額を記入するだけで、最短5分程度で申し込みを完了することができます
審査などはありません。メールを受信後、案内の通りに手続きを進め、ギフト券などを購入します。
購入した後は、ギフト券を使用することが無いよう、購入した控えをメールで送信するだけで完了します。

購入が確認でき次第、買取業者が決済を行い、指定の口座にお金が振り込まれます。
ここまで、15分程度で完了させることができるのです。
近年では、ブランド品や金券と呼ばれる券を購入させることで、現金化を行っています。

キャリア決済などを利用すると、利用を制限されてしまう可能性もあるので、1番有効なのがクレジットカードを利用することです。
クレジットカードで購入することで、換金率が高いまま、手元の現金を利用することなく買い取りを行うことができて、とても便利ですよね。

買い取り方式のメリット

買い取り方式を利用する際のメリットとして挙げられるのが、換金率の高さです。
Amazonギフト券や各社から発行されている、プリペイドカードなどを利用することで、換金を行うことができます。

高いブランド品を買い取ってもらうこともできますが、そういったものよりもかなり便利に利用することができるアイテムです。
こういったギフト券などは、フリマアプリなどを見ても、とても人気の商品です。
そのため、非常に換金率が高くなっているのです。

買い取り方式では、サイトや店舗を利用して買い取りを行うことができるので、換金性の高いアイテムを利用することで、換金率が高くなり、多くの現金を得ることができます
これを利用しない手はありません。
買取率の高い商品を積極的にクレジットカードを利用して購入し、現金化に役立てましょう。

対面が嫌だという方は、HPを利用すればいいですし、しっかりと人を通して買い取りしてもらいたい、という方は身近にある買い取り店舗に赴きましょう。
安心して取引を行うことができるはずです。

買い取り方式の注意点

買い取り方式のメリットを解説しましたが、安心して現金化を行うことができない場合も視野に入れておきましょう。
それは、現金化を行うにあたり発生するリスクです。

先ほども少々触れましたが、現金化を行う際、クレジットカードの利用をおススメしています。
キャリア決済などでも利用することができることもありますが、大体は禁止されているので、利用が制限されています

詐欺などの可能性も考えられるとして、カード会社やキャリア会社から警戒されることもあるのです。
最悪、カードの利用を禁止されることもあるので、注意しましょう

そうなってしまっては、現金化以外などの利用もすべてできなくなってしまいます。
カードを再利用するためには、かなりの時間が掛かる場合があるので、そうならないようにうまく活用する必要があります。

現金化目的でショッピング枠を利用していることがバレないよう、しっかりと対応するようにしましょう。
1度に大量に購入すると、カード会社が疑うこともあります。

購入する際はあまり大量に購入しないよう気を付けましょう。
また、換金性の高いものも、「現金化の可能性あり」と疑われると厄介なことになります。

購入するときは、念頭にそういったことも置いて購入すると、失敗なく購入することができます。
1度疑われてしまうと、その後カードの承認が通らないなどのこともあり得ます。
気を付けましょう。

まとめ

クレジットカードを利用して行う方法である「買い取り方式」は理解できましたか?
現金買取業者が指定している、ギフト券などの換金率の高い商品をクレジットカードを利用して購入し、その後買い取ってもらうことで現金と引き換えることができるアイテムです。

換金率の高いものを選んで購入するだけで、より多くの現金を手に入れることができる反面、やりすぎるとカードの利用を制限されてしまう危険性もあります。
安全で安心にクレジットカードを利用して現金化を行えるよう、1度に購入する際は大量になりすぎないよう加減しながら、利用しましょう。
そうすることで、何の心配もなく現金化を利用することができるはずです。

新着記事一覧

アーカイブ