※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

クレジットカードで商品券やギフト券を購入するのはハイリスク?リスク回避についてご紹介

商品券やギフト券はクレジットカードでは購入規制されている

もらって嬉しい贈って喜ばれる商品券やギフト券ですが、クレジットカードで購入することはできるのでしょうか。
購入することは一部のカードのみに限られていて、一般的なクレジットカードでは行うことはできません

なぜ購入することが限られているのかというと、クレジットカードは利用店舗がクレジットカード会社に、利用分の何%かを手数料として支払うことになっています。
そのため、百貨店の商品券などの購入をクレジットカードでできるようにしてしまうと、赤字となってしまうというわけです。

そしてクレジットカードを利用した現金化は、クレジットカード各社が禁止していることも理由としてあります
なぜなら商品券やギフト券を売ることで現金化できるというのは周知の事実だからです。
ショッピング枠を利用して購入し、現金化することを防ぐためです。

商品券やギフト券を購入可能なクレジットカードとは

商品券やギフト券を購入できる一部クレジットカードとは、どういったものなのでしょうか。

例を挙げると、JCBが発行しているJCBカードであれば、JCBギフトカードを購入することができ(他社が発行しているクレジットカードを除く)、UCカードグループ会社が発行しているクレジットカードであれば、UCギフトカードを購入することができます。

つまり、同じ国際カードブランド会社が発行しているクレジットカードであれば、その会社が発行している商品券を購入できるというわけです

上記以外にも、VJAやオムニカード協会が発行しているVisaカードまたはMasterCardで、VJAギフトカードを購入することができ、DCカードやMUFGカード、NICOSカードで、三菱UFJニコスギフトカードを購入することができます。

クレジットカードにて購入時に気をつけること

商品券やギフト券を一部のクレジットカードでの購入時に、気をつけることはないのでしょうか。

最初の項目でも述べましたが、クレジットカードの現金化をすることはクレジットカード各社が行うことを禁止しています。
ですから、商品券やギフト券をクレジットカードのショッピング枠にて購入し、金券ショップなどで転売したことが発覚すると、クレジットカードが利用停止となってしまうかもしれません。

現金化が発覚しないためにはどのようにすれば良いのでしょうか。
まず、キャッシング枠が埋まっている人はその枠を空けるようにしましょう
なぜなら、キャッシング枠が埋まっているとお金に困窮しているとクレジットカード会社に判定され、マークされる可能性があるからです。

また、商品券やギフト券をクレジットカードで購入する頻度も見ています。
高い換金率の商品券やギフト券を何回も購入すると、現金化していると判定されることもありますので気をつけましょう

まとめ

商品券やギフト券をクレジットカードで購入するには、同じ国際カードブランド会社が発行しているクレジットカードであれば購入することができます。

購入の際は、キャッシング枠を空けていること、またその購入を頻繁に行わないことを念頭において行うようにしましょう。

自分で現金化を行うことは、クレジットカードの利用停止というとてもリスクがあり、危険ではあります。
そんなリスクを低く現金化を行いたいという人には、現金化業者を利用した現金化をお勧めします。
申し込みしてから最短30分で現金を手に入れることができますし、クレジットカードの利用停止というリスクがほとんどありません。
優良現金化業者は多数あるので、ぜひ探してみてください。

新着記事一覧

アーカイブ