※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

アプリで後払いによる現金化が可能?徹底解説!

金券も買えるバンドルカード

バンドルカードは実店舗でもインターネットでも利用可能なプリペイドカードで、実店舗ではリアルカード、インターネットではバーチャルカードという名称です。

リアルカードはすぐに利用できませんが、バーチャルカードはスマホアプリをダウンロードをすることですぐさま利用することが可能です。

現金にてチャージする方法とアプリにてチャージする方法があり、アプリの「ポチっとチャージ」はとても便利で、お金がない状況での2万円までは即時チャージすることが可能です
チャージした金額は翌月末に支払わなければなりませんが、月初に利用すれば、最大約2ヶ月も支払いを延ばすことができます。
チャージ時に手数料がかかるのことが欠点ですが、Visaカードが使える店舗であれば利用できるので、さまざまな店舗で利用できます。

金券・商品券をバンドルカードで購入して、それを転売することで現金を手に入れることも可能です
なかなか金券を後払いで買うことはできないので、バンドルカードは現金化にお勧めのサービスと言えますね。

atoneは5万円まで利用可能

オンラインショップをよく利用するという人にお勧めなのが、atoneというサービスです。

コンタクトレンズ通販「7lens」やファッションブランドの「アーバンリサーチ」、モバイルバッテリーでお馴染みの「アンカー」などで利用することができ、1ヶ月で利用分を翌月20日までに支払えば良いというシステムです。
支払いはコンビニでOKなので支払いやすいですよね。

利用上限の5万円までであれば利用可能で、年会費はなく、またポイントも付いているので貯めてそのポイントを利用することができます

注意点として利用月には90円がかかってしまうことです
それほど大きな金額ではないですが、認識しておくと良いでしょう。

まだそれほど換金率が高い商品を置いている店舗が取り入れていないので、現金化には向いていないかもしれませんね。

分割払いが可能なpaidy

最後の紹介するのはpaidyで、登録条件がすごく簡単なサービスです。
どのくらい簡単かというと、メールアドレスと電話番号を持っていればOKという簡単さで、クレジットカードなども必要ありません。

paidyの後払いの他のサービスとの大きな違いが、分割払いを選択できることです。
多くのサービスが後払いは一括なのですが、paidyでは1万5,000円以上の利用分については分割払いを選択できます
1万5,000円請求されるのと、7,500円請求されるのでは大きく違いますよね。

支払いは、1ヶ月間利用した分について翌月にメールやSMSにて連絡があるので、それを10日までに支払えばOKです
支払い方法は、コンビニや銀行振込、口座振替などから選ぶことができます。

paidyを利用できる店舗は増えてきていますが、まだまだ現金化に向いている商品を提供している店舗は多くありません。
もし現金化を行うのであれば、BUYMAで高級ブランドのバッグなどを購入し、質屋などで売って現金を得ることになるでしょうか。

まとめ

後払いサービスはうまく利用することで現金化を行うことができます。

バンドルカード、atone、paidyと紹介しましたが、atoneとpaidyについては高い換金率の商品を取り扱っている店舗がなく、向いていないかもしれません。

バンドルカードは高い換金率である金券・商品券の購入可能で、その中でもAmazonギフト券を購入できるので、かなりお勧めです。
ポチっとチャージであれば2万円までは後払いに回せるので、お得です。

新着記事一覧

アーカイブ