※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

paypalでの現金化は可能?リスクについて検証

paypalでの現金化はリスクが高い?

ショッピングの際に、paypalを利用したことはありますか?
paypalはデパートや空港など様々なショップと提携していて、全世界で普及している決済サービスです。

利用方法は簡単で、所有しているクレジットカードの情報をpaypalにて登録するだけで、その後すぐに使えるようになります
paypalからはクレジットカードの情報を抜き出すことはできないので、海外などでスキミングの被害に遭うこともないでしょう。
クレジットカードを持ち歩きたくない、という人にはオススメです。

paypalで現金化するには、クレジットカードと同様の方法で現金化が可能です。
ショップにて高換金が期待できる商品をpaypalにて購入し、それを質屋や金券ショップにて転売すれば完了です。
クレジットカードがpaypalに変わっただけなので、問題なくできそうですよね。

もう1つ方法があって、これは正攻法ではないのですが、アカウントからアカウントへ送金し、それを出金して現金化する方法です。
まず所有しているアカウント以外に別にアカウントを作成し、そこへ送金機能を使って送金するのです。
送金したお金は銀行口座にて出金します。

方法はすごく簡単ですが、行う際に注意が必要です。
送金自体は問題ないのですが、同一人物の送金は現金化と判断され、アカウント停止となってしまう可能性があります

paypalでの商品券購入の規制

paypalでの現金化はなぜしづらくなったのでしょうか。
それは、2014年にpaypalでの商品券の購入が規制されたことが大きいでしょう

高い換金率を誇る金券は、paypalでも現金化に利用されてきましたが、取引量が多くなるにつれ目をつけられ、規制されることになりました。
現金化は違法ではないですがグレーではあるので、それを見過ごすことはできないと判断したのでしょう。

送金による現金化ですが、別アカウントを作ることはpaypalの規約では禁止されています。
そのため発見された際には、アカウントの停止、削除などの厳しい対応がされることが予想されます
1回だけならバレないかもしれませんが、回数を重ねることで、paypalにバレる確率も高くなるでしょう。

paypalでの現金化は、リスクを伴うので慎重な対応が必要となります。

paypalが現金化に利用されなくなった理由

paypalが現金化に利用されなくなったのは、様々な理由が考えられますが大きい理由として、先述した2014年に商品券の購入が禁止されたことが挙げられます。
paypalは手数料が低く、代金を受け取るための手数料が3%となっており、このことから利益を出したい現金化業者に重宝されていたのですが、あまりに重宝されたため問題視され、商品券の購入が禁止されたのだと思います。

現金化に利用されなくなった理由とは異なるかもしれませんが、paypalの欠点として出金に時間がかかることが挙げられます
商品が購入されて、その代金をすぐに出金したいと考えても、出金することはできません。
出金まで約3日以上必要とするので、計画的に出金しなければなりません

まとめ

paypalは2014年までは、低い手数料と購入しやすさから多くの現金化業者に利用されていましたが、商品券の購入が規制されて以降、利用されなくなっていきました。

複数アカウントを作成し送金し出金する方法がありますが、アカウント停止などのリスクがあり、さらに出金まで時間を要するためあまりオススメできません。

リスクを低く、短時間で現金化したい場合は、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化業者による現金化をオススメします。

クレジットカードの利用停止などの懸念がなく、また手順も丁寧に業者が教えてくれるので、簡単に行うことができます。

新着記事一覧

アーカイブ