※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

auWALLETポイントを有効に活用する方法がある?キャリアを利用して現金化はできるのか

auWALLETポイントは使用できる?使い道と溜め方について

携帯料金や光回線の利用、また、カードを発行することによってコンビニや対象店舗で活用すると、ポイントが付与されていきます。
有効期限は4年となっているので、はじめの付与から4年以内であれば、有効に活用することができます。

ポイントは、auの料金の支払いなどにも充当させることができますが、日々の買い物でも活用することができます。
近年では、KDDIが運営しているサイトなどでもポイントを活用して買い物を行うことができます。
また、auWALLETを保有していれば、カードにポイントをチャージすることができるので、現金と同じ感覚で買い物を行うことができるのです。

auのクレジットカードを利用していれば、200円につき2ポイント、プリペイドカードの利用であれば200円につき1ポイントを溜めることができます。
さらに、携帯料金などを月々支払うことによって、1,000円につき10ポイントを毎月溜めることができるのです。
こうしたポイントを有効活用することで、現金の手出しなく買い物を完了させることもできるので、毎月のポイントを有効に使用していきたいですよね。

WALLETカードを利用していれば、セブンイレブンや対応している店舗で、こまめに利用するだけでもポイントを溜めることができるので、ほかのポイントカードなどと同じ感覚で、ポイントを溜め続けることができます。

まとまったポイントがあり、使い道に困っている場合は、現金化を行えば、現金を手に入れることができます。
現金化は、クレジットカードや現金を利用しなければならない、という概念がありますが、ポイントを活用すれば、必要な金額をポイントで賄うこともできます。

auWALLETカードを発行するには?

auWALLETカードは、auを利用している人であれば、誰でも発行することができるプリベイドカードです。

そのため、審査などはなく、個人情報を記載すればすぐに発行手続きが完了するカードです。
カードは、申し込みを行ってから10日前後で手元に届きます

auを利用している方であれば常にポイントを溜めることができるので、近年はスマホの更新などに出向けば、カードの作成を勧められることも多く、ユーザーのほとんどが保有しているといわれています。
ウェブサイトから簡単に申し込むことができるので、自宅に居ながらカードを手に入れることができて、手軽ですよね。
1枚持っておくだけで、現金化以外にも活用できるので、持っておくととても便利です。

auWALLETポイントを現金化に利用する方法

auWALLETでは、毎月2万円ほど、キャリア決済やポイントを活用してチャージを行うことができます。
カードには十分な金額をチャージすることができるので、もし使い道に困っている、または、急に現金が必要になった場合に対応することができます。

基本的に、auのキャリア決済を利用しての現金化を行うことはできません。
しかし、1度auAWLLETにチャージしてしまえば、Amazonギフト券などを購入することができるのです。
この方法を活用すれば、現金化を自宅に居ながら簡単に行うことができます。

長年しっかりとポイントを溜めている方は、ポイントで現金化を行うこともできるので、便利です。
うまく活用すれば、現金の手出しなく現金化を行うことができるので、ポイントが豊富に溜まっている方は、一度現金化を試してみましょう。

2万円の限度額がある、とご紹介しましたが、クレジットカードや現金でチャージを行えば、上限100万円までチャージすることができます
海外でも活用することができるので、そういった活用後にチャージ金額に余裕がある方は、現金化に利用しても良いでしょう。

有効に活用して、現金化を有利に行いましょう。
もし、それ以上の現金化が必要な場合は、auWALLETを活用することなく、クレジットカードでの現金化を行ってください。

まとめ

auWALLETカードとポイントを有効に活用すれば、現金化を行うことができます。
カードの発行方法もとても簡単なので、auユーザーの方であれば手軽に発行を行うことができます。

クレジットカードなどの厳しい審査も必要ないので、1枚持っておけば、コンビニや携帯の支払いなどで毎月ポイントを溜め続けることができます。
4年という期限の中で、ポイントを溜め続けることができるので、まとまったポイントを保有している方は、1度WALLETカードにチャージしてみてはいかがでしょうか?

そうすることで、現金化にも活用することができます。有効に活用して、ぜひ現金化を行ってみましょう!

新着記事一覧

アーカイブ