※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

Amazon Mastercardゴールドのメリットとデメリットとは

Amazon Mastercardゴールドは特典が充実

三井住友カードと提携して発行されたAmazon Mastercardは、クラシックとゴールドがありますが、ゴールドにはクラシックよりも特典が豊富です。

<Amazon Mastercardゴールド>
・初年度の年会費は10,800円で2年目以降も10,800円
・Amazonでの利用でAmazonポイント2.5%還元(Amazon以外の利用で1%還元)
・Amazonプライムが無料で利用可
・利用可能額は50~200万円

年会費が10,800円と高額ですが、これは「マイ・ペイすリボ」というものに登録すれば、5,400円に割引されます
そして明細書を紙ではなくwebで発行する「Web明細書サービス」に申し込めば、さらに1,080円割引されるので、年会費は4,320円となります。

アニメや映画が無料で見られ、音楽が無料で聞けて、配送料が無料となり翌日配送が可能となるなど、お得なサービスがたくさんあるAmazonプライムが通常であれば年会費3,900円かかるところを無料で利用できるので、4,320円の年会費もそれほど高いとは思わないのではないでしょうか。

また、Amazonでゴールドを利用して購入すると、Amazonポイントが2.5%還元されるので、クラシックの1.5%還元と比べると、1%も多く還元されます。 よくAmazonで買い物をする、という人には1%が大きな違いとなってくるでしょう。
最後に、利用可能額が50~200万円と高額で設定されています。
200万円でしたら、現金化業者にて現金化した場合、換金率が高く設定されるため、良い取引ができるでしょう。

ゴールドでもテンポラリーカード発行可能?

クラシックでは即時審査サービスによって、テンポラリーカードを発行することができましたが、ゴールドでも発行することができるのでしょうか。
結論から言うとできます。

即時審査サービスを利用するための条件である、20歳以上の人で、インターネットで口座振替設定ができる、指定金融機関の口座を指定できる人、また9時~19時の間で受け取れる人、を満たせば利用することができます

テンポラリーカードの利用限度額は、クラシックと同額の3万円までと設定されていて、買い物などの利用でAmazonポイントが貯まります。
3万円までがショッピング枠となっておりますが、現金化業者を利用した現金化は行えません
現金化を行うには、3万円に収まる商品をテンポラリーカードで購入し、購入した商品を転売して現金化するしかありません。

クラシックとゴールドはどちらがお得?

ゴールドは特典が充実しているので、クラシックよりもお得なのでしょうか。

ゴールドが優れている点として、Amazonポイントの還元率が挙げられます。
クラシックは1.5%ですが、ゴールドは2.5%なので、かなりお得です。

また、ゴールドは所有するだけでAmazonプライムを無料利用することができます。
無料配送だけでなく、映画や音楽、アニメなどのコンテンツを楽しむことができます。

そして利用可能額が50~200万となっている点です
クラシックは10~80万円となっているので、最大利用可能額は120万円もゴールドの方が上回っています。
ショッピンク枠を利用した現金化業者の現金化は、金額が大きければ大きいほど還元率が高いので、現金を多く得られます。

ゴールドの付帯保険の充実も挙げられますね。
クラシックがショッピング保険のみに対して、ゴールドはショッピング保険他に海外・国内旅行の傷害保険がついていて、全国の主要空港のラウンジも利用できます。
海外旅行をよくするという人は、ぜひ持っておきたいカードですね。

クラシックよりも劣る点を挙げるとすれば、年会費が高いことです。
10,800円なので年に1回Amazonで買い物をすれば無料となるクラシックと比べると高く感じますが、マイ・ベイすリボの登録、Web明細書サービスの利用を行えば、半額以下に減額されるのでそれほど高く感じませんよね。

新規入会によるポイント付与がないことも劣る点かもしれませんが、ゴールドでは不定期キャンペーンにて新規入会で9,000ポイントも付与されることもあるので、逆にクラシックよりもお得かもしれません

以上から、ゴールドはクラシックよりもお得な点が多いと言えると思います。

まとめ

ゴールドカードというと年会費が高くて敷居が高いイメージですが、Amazon Mastercardゴールドは年会費も「マイ・ペイすリボ」に登録すれば半額になりますし、Amazonプライムも無料で利用できるので、お得なカードと言えると思います。
Amazonヘビーユーザーであれば、買い物で2.5%のAmazonポイントが付くのでお勧めです。

クラシックと比べると審査は厳しいですが、所有できるのであれば持っておいて損はないと思います。

新着記事一覧

アーカイブ