※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません
お申し込みはこちら

健康保険証が無い場合の支払いはどうなる?病院に行く際の対処法

負担額を減らすためにしておくべき事

健康保険証は、普通に働いている人であれば会社から発行されます。
給料から天引きという形で毎月引き落とされ、社会保険という分類で分けられています。

しかし、仕事をやめたり引っ越したりすることで、一時期この保険証は使用することができない環境下におかれます。
そういった場合、新しい職場でしばらくすると発行されますが、保険証がない間は国民健康保険に加入するなどの対処方法があります。
これを活用することで、病院に行って申告するだけで、従来の3割負担で済むことが多くあります。

場合によっては、保険証が無い場合は10割負担しなければならないのですが、健康保険証が届いた後にまた行くことで、7割返金されます

病院によってこういった制度は異なります。
そのため、事前に確認するなどの対処が必要になります。
場合によっては、予め1,000円支払うことで、その後の支払う意思を確認する事もあるようです
臨機応変に対応していきましょう。

しかし、このような対応が許容されるのは、あくまで近々健康保険証が届く人の場合です。
料金を支払うことができなかったり、定職に就けなかったりする人にとっては、この情報は何の意味もありません。

全額自己負担になります。そうなると現金が必要になりますよね?
そういった場合は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化しておくと、病院を受診しても安心して料金を支払うことができます。

しかし、それは現実的な事ではありません。
ですので、国民保険や社会保険にしっかりと加入しているのか確認し、加入していない場合はできるよう取り組んでみましょう。

健康保険証を手に入れるためには?

定職についていない人でも健康保険証を手に入れるためには、近くの役所に行く必要があります。
自分の住民票がある役所に行き、国民健康保険についての話を聞きましょう。

国民健康保険は、毎月決められた額を支払う必要があります。
しかし、様々な理由でそれを満額支払うことができない人も多くいます。
その場合は、理由を説明し、申請することによって免除してもらうこともできます

申請が十分にできた場合は、カードが届くまでは10割負担を行わなければいけません。
また、どうしても健康保険に入ることができない、という方は、無料で行う低額診療に行くことをおススメします

低額診療とは、厚生労働省が推奨している低額~無料で診療を受けることができる施設です。
全国に500か所以上あるようですので、あらかじめ最寄りにあるかどうか確認しておきましょう。

場合によっては、今の所得などが分かるものが必要になるので、そういったものを用意してから向かいましょう。

生活保護で医療費控除を!

生活保護とは、生活に困っている人が申請することで、金銭や住む場所などを援助してくれるシステムです。
場合によってはとても申請が難しいので、なかなか一般の人が通ることはありません。

しかしそれは、全ての項目が必要な場合です。
医療費だけを控除してくれる制度もしっかりと存在するのです

これを行うことによって、医療費が掛からず医者に診てもらうことができます。
健康保険証をどうしても作ることができない場合は、医療費を控除してもらう申請を発行するのも一つの手です。

こういった方法を一つずつためして、しっかりと病院に行くことができる環境を整えておきましょう。
万が一、全額負担を行う道を選ぶ場合は、クレジットカードを利用した現金化を行うことで、現金を手軽に手に入れることができます。

まとめ

健康保険証を持っていない状況は様々あります。
仕事で移動し足り引っ越しなどで、健康保険証が一定期間無いだけの場合は、申告するだけで費用の支払いを待ってもらうことができます。

また、病院によっては、先に半額等の金額を払っておけば、健康保険証が手元に来た後支払うこともできます。
しかし、健康保険証を作ることができない場合は、そういった制度を受けることができません。

場合によっては、生活保護などの制度を利用したり、低額診療などを利用したりする必要も出てきます。
そういったことになりたくない方は、クレジットカードなどのショッピング枠を利用した現金化などで、10割負担になっても大丈夫なようにしておきましょう。

新着記事一覧

アーカイブ